設定

アプリケーション設定では、アプリケーション機能の関する設定を閲覧・変更します。

この操作にはBO.Administrators権限が必要になります。

設定項目の選択

設定可能な項目は、「設定項目」ドロップダウンに表示されます。

設定項目

設定値を変更するには、ドロップダウンから設定項目を設定し、設定値を入力して「保存」します。

※ 設定項目によって表示される入力フォームが異なります。

設定変更

CAPTCHA

「設定項目」から「CAPTCHA」を選択することで、CAPTCHAを構成できます。

※ 事前にテンプレートの実装が必要です。

CAPTCHA

CAPTCHAの各設定項目を次に示します。

項目CAPTCHA説明
CAPTCHAサービス*使用するCAPTCHAサービスを選択します。reCAPTCHA Essentialsの構成にはreCAPTCHA Standardを使用します。
検証個所*CAPTCHAチェックを行うエンドポイントを選択します。※対応は次表に示します。
閾値*リクエストを拒否する閾値を設定します。スコアが閾値を下回るとリクエストが拒否されます。
無効化*CAPTCHAチェックを無効化します
サイトキーStandard/EnterprisereCAPTCHAのサイトキーを設定します。
シークレットキーStandardreCAPTCHAのシークレットキーを設定します。
プロジェクトIDEnterpriseGoogle CloudのProject IDを設定します。
APIキーEnterpriseGoogle CloudのAPI Keyを設定します。

現在、使用可能なCAPTCHAサービスはGoogle reCAPTCHA V3 Essentials/Standard/Enterpriseとなります。Cloudflare Turnstile 等、Google reCAPTCHAとは異なるCAPTCHAサービスをご希望される場合はお問い合わせください。

検証個所は検証対象のエンドポイントを複数設定できます。例として、Purchase/CreateSite/Loginを設定している場合は、注文確認画面の注文ボタンと、内部会員ログイン画面のログインボタンでCAPTCHAによる検証を実施できます。

検証個所コードエンドポイント(操作種別)説明
Purchase/CreatePOST Purchase/{cart-id}確認画面での購入ボタン押下時
Purchase/PaymentPOST Purchase/{cart-id}/Payment決済入力ページから確認画面への遷移時
Site/LoginPOST Site/Login内部ログイン画面でのログインボタン押下時
Site/Account/ConfirmPOST Site/Account (confirm)内部会員登録ページから確認画面への遷移時
Site/Account/CreatePOST Site/Account (create)内部会員登録確認画面での登録ボタン押下時
Site/Activate/RequestPOST Site/Activate (request)アクティベーションURL再送ボタン押下時
Site/Recovery/RequestPOST Site/Recovery (request)パスワード再設定URL送信ボタン押下時
Site/Inquiry/ConfirmPOST Site/Inquiry/{model} (confirm)お問い合わせページから確認画面への遷移時
Site/Inquiry/CreatePOST Site/Inquiry/{model} (create)お問い合わせ確認画面での送信ボタン押下時
Member/Payments/CreatePOST Member/Payments/{type} (create)決済方法管理画面での登録ボタン押下時
Member/Payments/DeletePOST Member/Payments/{type} (delete)決済方法管理画面での削除ボタン押下時

閾値に設定する0.0~1.0までの値は、サイトや時流によって変動させる必要があります。

利用するCAPTCHAサービスが提供するダッシュボード等で統計データを確認し定期的にご調整ください。

また、CAPTCHAサービスによっては学習するまでに時間を要します。 そのため、有効にするにあたり、最初はすべてのリクエストを許可するため0を設定し、数週間データを蓄積したのち閾値を調整することをおすすめしています。

最終更新 : 2024-07-09 modify config desc page (a7e972f)