URL

URL #

URL管理ページではECサイトのURL定義を行います。
但し、カートなどEC共通機能のURLは事前に定義されてますので、商品特集ページや店舗情報ページなど テナント固有ページのURLをここで定義します。

URL一覧 #

URL管理ページを開くと、URL一覧が表示されます。
一覧よりURL名を選択することで、URLの編集を行うことが出来ます。
新規作成ボタンを押下することで新規にURLを作成できます。

URL一覧

URL詳細 #

一覧で選択したURLが表示されます。

URL詳細

テンプレート種別のURLを定義する #

URLを定義する際、種別テンプレートを指定することでテンプレートを使用してレスポンスを生成するURLを定義できます。 テンプレートは、 テンプレート管理ページより登録できます。

テンプレート詳細

以下の項目を指定します。

  • URL名: URLを識別する名前を指定します。
  • URL書式: URL、またはURLのパターンを指定します。以下にURL書式例を挙げます。
URL書式URL説明
(未入力)https://www.example.com/
https://www.example.com/?x=1
ルートページで使用
landinghttps://www.example.com/landing
https://www.example.com/landing?x=1
単一の固定URLのページで使用
items/{Code}https://www.example.com/items/blue_jacket
https://www.example.com/items/cool_shirt
商品詳細ページなどで使用
shops/{Pref}/{Name}https://www.example.com/shops/tokyo/ningyocho
https://www.example.com/kanagawa/shonan
階層構造が固定のファイル構造の場合に使用
images/{Path*}https://www.example.com/images/hero.png
https://www.example.com/images/special/hero.png
階層構造が可変のファイル構造の場合に使用

URL書式の中でプレースホルダー {xxx}, {xxx*} を定義することが出来ます。
プレースホルダー {xxx} の場合は、 xxx がプレースホルダーの名前になります。
URLがプレースホルダーに受付ける値は項目パラメータ一覧で制御することができます。

  • 種別: テンプレート
  • コンテンツタイプ: レスポンスのコンテンツタイプを指定します。 例)text/html, application/json
  • テンプレート名: テンプレートを指定します。
  • パラメータ一覧: URLを制御するパラメーターを指定します。

Blob種別のURLを定義する #

URLを定義する際、種別BLOBを指定することでBlob(Binary large object)、つまりバイナリデータをレスポンスとして返却するURLを定義できます。

blob詳細

以下の項目を指定します。

  • URL名: URLを識別する名前を指定します。
  • URL書式: URL、またはURLのパターンを指定します。上記のURL書式例をご参照ください。
  • コンテンツタイプ: レスポンスのコンテンツタイプを指定します。 例)text/html, application/json
  • BLOB項目式: Blobが格納されたフィールドを指定します。
  • クエリ式: Blobが格納されたCMSデータテーブルを抽出します。C#のLinq式で記述します。抽出条件に、URLプレースホルダーに指定された値を使用することが出来ます。
  • パラメータ一覧: URLを制御するパラメーターを指定します。