リスト管理

リスト管理 #

リストとは CMSデータとして定義したデータのことです。 リスト管理ページでは、このリストの管理を行います。
CMSデータはテナントのシステム要件に応じて自由に設計できるデータです。

リスト一覧(メニュー) #

定義済のリストの一覧がメニューに表示されます。
下記の画像はサンプルECサイトのリスト一覧になります。テナントによりリスト一覧は異なります。

リスト一覧

CMSデータ一覧 #

リスト一覧より管理するCMSデータを選択するとCMSデータ一覧が表示されます。

一覧

新規作成ボタン押下すると新規にデータを登録することができます。

リサイクルボタン押下すると過去に削除したデータを復元する画面が表示されます。 誤ってデータを削除してしまった場合などに利用します。但し復元できる削除データは直近200件のデータのみとなります。

一括アップロードボタンを押下するとデータを一括アップロードする画面が表示されます。詳細は 一括アップロードをご参照ください。

一括ダウンロードボタンを押下すると、データをCSV形式でダウンロードすることができます。 こちらでダウンロードしたCSVは 一括アップロードするCSVと同様の形式になります。 ダウンロードデータをフィルターする場合は、一覧で条件を指定してフィルターしてから一括ダウンロードを行ってください。

CMSデータ詳細 #

一覧で選択したデータが一覧の下部に表示されます。

詳細

編集ボタンを押下すると表示しているデータを編集できます。

削除ボタンを押下すると表示しているデータを削除します。

新規作成ボタンを押下するとデータを新規登録できます。

連鎖削除ボタンを押下すると表示しているデータを削除する際に、このデータと関連した他のCMSデータを一緒に削除します。

拡張機能:コピーリンクを押下すると表示しているデータを元に、データを新規登録できます。

一括アップロード(CSV) #

CMSデータをCSVをアップロードして一括登録します。 ここでは登録するデータを、CSV形式のファイルでアップロードします。
Blob(Binary Large Object)を含むデータを一括登録する場合は、 一括アップロード(圧縮ファイル)をご参照ください。

以下は一括アップロードボタンを押下したときに表示されるアップロード画面です。

アップロード

一括アップロードの手順 #

  1. template downloadリンクより、一括アップロード用のCSVテンプレートファイルをダウンロードします。
  2. CSVファイルを作成します。
  3. Choose Fileボタンからアップロードするファイルを選択、アップロードボタンよりファイルをアップロードします。この段階ではまだ登録はされません。
  4. アップロードされたデータに問題がある場合エラーが表示されます。エラーがない場合は、取り込みボタンからデータ登録します。

CSVファイルのルール #

アップロードするCSVファイルにはいくつかルールがあります。

ヘッダー列は必ず3行必要
1行目はCMSデータのフィールドの表示名、2行目は型、3行目は列名になります。
template downloadリンクよりダウンロードできるCSVテンプレートファイルには上記3行が含まれています。

CSVヘッダー

フィールドの型
CMSデータのフィールドの型は、template downloadリンクよりダウンロードできるCSVテンプレートファイルの2行目に記載されています。
入力必須のフィールドの場合、(*) が型の後に表示されます。Int32(*)は、入力必須の整数の型を表します。

説明設定値の例
Boolean真偽値TrueFalse
Int32整数100-100
Int64長整数10000-10000
String文字列いろはにほへと
DateTime日時2016/09/20 14:08:022020/01/01
Byte[]Blob(バイナリファイル)Zip圧縮で一括アップロードをする場合に、Zip圧縮前のディレクトリのBlobファイルのパスを指定する。
images\hero.png

CSVの列は可変。但し主キーの列は必須
CSVファイルに用意する列は必ずしも全てのフィールドを用意する必要はありません。
必ず必要な列は、データを一意に識別する主キーとなるフィールドです。データを新規登録する場合は、入力必須のフィールドの列も必要です。

  • 主キー: IsPrimaryKey がチェックされている
  • 入力必須: IsNullable がチェックされていない

主キー・入力必須

未登録→新規登録。登録済→更新
アップロードするCSVデータが、Commerbleに未登録の場合は新規登録されます。Commerbleに登録済の場合は更新されます。

一括アップロード(Zip圧縮) #

登録するファイルをZip圧縮してアップロードします。
Zip圧縮アップロードは、画像やCSSのファイルを一括アップロードする際に利用します。
アップロードの手順は、アップロードするファイル以外 一括アップロード(CSV)と同じです。
以下はZip圧縮するファイルの構成例です。

zip例

Zipファイル名、ルートディレクトリ名、CSVファイル名は同じにしてください。
圧縮したのディレクトリの構成に誤りがある場合、アップロードに失敗しますのでご注意ください。

WindowsでZip一括アップロード #

クライアントマシンがWindowsの場合のアップロード方法を説明します。
今回作成したZipファイルは、 こちらよりダウンロードできます。 この例で一括アップロードするCMSデータは静的ファイルを管理するデータで、以下のスキーマとします。

表示名カラム名説明
ファイルタイプFileTypeString(*)ファイルの種類を保持
ファイルパスFilePathString(*)ECサイトで公開するURLのパスを保持
コンテンツタイプContentTypeStringECサイトで出力する際のmime-typeを保持
ファイルFileBinaryByte[]Blob(バイナリデータ)を保持

今回は画像ファイルを2つ、CSSファイルを1つアップロードする例を説明します。

  1. CSVテンプレートファイルをダウンロードします。
  2. CSVファイルを編集します。以下は編集したCSVファイル(SiteFiles.csv)です。

wincsv

  1. アップロードするファイルを圧縮してアップロードする予定のディレクトリに集めます。
    ルートディレクトリの名前はCSVファイルの名前と同じ(SiteFiles)にする必要があります。

windir

  1. ルートディレクトリをZip圧縮します。
    Zipファイルの名前はCSVファイルと同じ名前(SiteFiles)にする必要があります。

winzipcontext

winzipfile

  1. Zipファイル(SiteFiles.zip)をアップロードします。以下はアップロード後の画面です。

zipuploaded

  1. 取り込みボタンを押下してデータを登録します。

zipregistered

macOSでZip一括アップロード #

クライアントマシンがmacOSの場合のアップロード方法を説明します。
今回作成したZipファイルは、 こちらよりダウンロードできます。 この例で一括アップロードするCMSデータは静的ファイルを管理するデータで、以下のスキーマとします。

表示名カラム名説明
ファイルタイプFileTypeString(*)ファイルの種類を保持
ファイルパスFilePathString(*)ECサイトで公開するURLのパスを保持
コンテンツタイプContentTypeStringECサイトで出力する際のmime-typeを保持
ファイルFileBinaryByte[]Blob(バイナリデータ)を保持

今回は画像ファイルを2つ、CSSファイルを1つアップロードする例を説明します。

  1. CSVテンプレートファイルをダウンロードします。
  2. CSVファイルを編集します。以下は編集したCSVファイル(SiteFiles.csv)です。

maccsv

  1. アップロードするファイルを圧縮してアップロードする予定のディレクトリに集めます。
    ルートディレクトリの名前はCSVファイルの名前と同じ(SiteFiles)にする必要があります。

macdir

  1. ルートディレクトリをZip圧縮します。
    Zipファイルの名前はCSVファイルと同じ名前(SiteFiles)にする必要があります。

maczipcontext

maczipfile

  1. Zipファイル(SiteFiles.zip)をアップロードします。以下はアップロード後の画面です。

zipuploaded

  1. 取り込みボタンを押下してデータを登録します。

zipregistered