システム接続性

この章ではCommerbleの接続性について説明します。

外部システムと柔軟な連携を実現

Commerbleには、充実したAPI群、各種機能があり、他システムとの連携を柔軟に組み上げることが可能です。 Commerbleで外部システムと連携するために接続ポイントは以下の4つがあります。

  • WEB API
  • 受注イベント通知
  • カスタムパイプラインモジュール
  • カスタムテンプレートヘルパー

Web API

Commerbleには管理オペレーション用のWeb APIがあり、このAPIを利用して、基幹システムや倉庫システムと連携することができます。

このAPIは管理用であり、カート処理用のWeb APIでは無いことに留意が必要です。

つまりこれはJAMStackで構成されたECサイト(フロントサイト)から使用する購入APIとしては機能しないことを意味します。そのようなAPIが必要な場合はカスタマイズ実績:カートのWeb API化をご参照ください。

受注イベント通知

Commerble上で受注が作成・更新された際に、外部システムへ作成・変更のあった受注IDを通知することができます。

この通知は、通常Azure Storage Queueを介して通知いたしますので必要な際は別途Microsoft Azureの契約をお願いいたしております。

HTTPリクエストやAMQPを用いた通知をご希望の場合は、カスタマイズで対応可能ですのでご相談ください。

カスタムパイプラインモジュール

カスタムパイプラインモジュールをオーダーカスタム することで、受注処理時に外部システムと接続することができます。

このカスタマイズにより、独自の決済APIや送料計算、ポイント連携を実現することができます。

詳しくは、カスタマイズ:パイプラインモジュールをご参照ください。

カスタムテンプレートヘルパー

テンプレート内で使用できるAPIをオーダーカスタム することで、テンプレート内で外部システムにアクセスすることができます。

このカスタマイズにより、決済プロバイダ内に保存された登録カードの取得などを実現することができます。

詳しくは、カスタマイズ:テンプレートヘルパーをご参照ください。

実績

最終更新 : 2021-02-16 接続性 (1b693e5)