CMSデータ

CMSデータ #

CMSデータとは、テナントのシステム要件に応じて自由に設計できるデータです。
実体はデータベースのテーブルと同様のものとお考え下さい。
ECサイトに店舗情報や特集記事を掲載したい場合には、店舗情報・特集記事をCMSデータとして定義して利用することができます。

定義したCMSデータは、CMS管理画面・Web API からアクセスできます。

データフィールド #

定義は以下の6項目で構成されます。

項目名説明
表示名CMS管理画面で表示されるカラム名
カラム名テンプレート内やAPIで使用するカラム名
フィールド型
PKフラグ主キー設定。テーブルに最低限1つ必要
NULL許容フラグNULL許容設定
スケジュールフラグスケジュールリスト設定 1

1. 商品ページ上限は、検索の要件に応じて変動します。現在利用は非推奨

フィールド型 #

データフィールドは以下の型を指定することができます。

型名称DB型CLR型制約説明
整数intSystem.Int32[\d]+
長整数bigintSystem.Int64[\d]+
内部商品NointSystem.Int32[\d]+
名称nvarchar(128)System.String(.+){1,128}
略称nvarchar(64)System.String(.+){1,64}
ショートテキストnvarchar(32)System.String(.+){1,32}
フリーテキストnvarchar(MAX)System.String.*
ファイルパスnvarchar(128)System.String[-_/.\w]{1,128}
コンテンツタイプnvarchar(64)System.String[-./\w]{1,64}
ファイルvarbinary(MAX)System.Data.Linq.Binary
日付時刻datetimeSystem.DateTime
ONOFFbitSystem.Boolean
金額moneySystem.Decimal[\d]+
商品IDnchar(64)System.String(.+){1,64}
URLnvarchar(256)System.String(.+){1,256}
リストコードnchar(32)System.String[\w]{1,32}
ルート項目nvarchar(64)System.String[-_.\w]{1,64}
URLパラメータnvarchar(200)System.String[-_.\w]{1,200}

リレーション #

リスト同士はリレーションを張ることができます。ただし、リレーションはOne to Many、もしくは、One to Oneに限り、Many to Manyを張る場合は中間テーブルを明示的に用意する必要があります。

項目名説明
参照先リスト親となるリストを指定します。
参照先フィールド参照先リストのカラムを指定します。
自フィールド参照先フィールドに対する、外部キーカラムを指定します。

定義例 #

商品(Products) #

表示名カラム名PKNULL許容説明
商品IDId内部商品No
商品名Name名称
外部ID1ExternalId1リストコード
外部ID2ExternalId2リストコード
外部ID3ExternalId3リストコード
外部ID4ExternalId4リストコード
発売日ReleaseDate日付時刻
価格UnitPrice金額
販売ステータスステータス整数
販売開始日時SalesStart日付時刻
販売終了日時SalesStart日付時刻

商品詳細(ProductDetails) #

表示名カラム名PKNULL許容説明
商品IDId内部商品No
表示用商品名Name名称
詳細Bodyフリーテキスト
キーワードKeywordsフリーテキスト
説明Descriptionフリーテキスト
参照先リスト参照先フィールド自フィールド
商品商品ID商品ID